FC2ブログ
kiroku
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「茶の和」 販売イベントを終えて
FacebookのKOKULABOへの投稿。
とても素直に書けたのでこちらにも。


******************************************

【茶の和】
みなさん、おはようございます。
3月15日~17日の3日間、しずおかマルシェ上り店にて
茶の和ガールズ4人は売り子をやらせていただきました。

1日50個ずつを目標にしていましたが、ガールズ計算では、77個、45個、55個、合計177個お買い上げいただくことができました。ちなみに完売です!(^^)/
177個の「茶の和」が、それぞれのおうちでほっとするひとときをもたらしてくれていることを想像すると、嬉しくてたまらないです。

さて、売り子をやらせてもらって、茶の和ガールズでプロジェクトの振り返りを行いました。
素人売り子で、反省点は多いですが、細々とした部分はここでは省略しますね。

売り子をやったこの3日間は、
「茶の和をつくった意味の確認の場」でありました。

「どんなお客さんに買ってほしいか、求められているか」
今まで何度も頭の中で描いていきました。
今回売り場に立たせてもらって、たくさんのお客さんとお話することができました。
お客さんがどういうポイントで商品を選んでいるのかということや、ぞれぞれ響くポイントが違うことなど、いろいろなことを感じ取ることができました。

そして、一番の収穫。
「伝えなきゃ意味がない」
ということです。

私たちは2年間かけて「茶の和」つくりました。
その間いろんな場面で、本当に多くの人の力を借りました。
みんなで創りあげた「茶の和」をただの製品で終わらせるわけにはいかないのです。
そのことを考えていなかったわけではありませんが、売り子を経験することにより、実感として「つくった責任」というものを背負うことができたように思います。
「つくりました~、後はよろしくお願いします~」という無責任なプロジェクトで終わらなくて本当によかったです。

「茶の和」が自信を持って勧められる商品に出来上がったこと。
しずおかマルシェの売り場に立つことができたこと。

これらの実現にはたくさんの協力が必要でした。
くじけそうなとき、私たちには応援してくれる人がいました。
卒業前にやり遂げることができたことを本当に嬉しく思っています。
心から皆さまに感謝申し上げます。
ありがとうございました。

以上に書かせていただいたことは茶の和ガールズ4人の想いです。

プロジェクト立ちあげ当初の4人でやりきれて、私はほんとにほんとに嬉しいのです。

茶の和ガールズ大好き!
セティボン大好き!
KOKULABO大好き!

ありがとうございました。石田よりご報告でした。

これからも「茶の和」が愛されますように・・・
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
フューチャーセッション~対話の力 コミュニティの未来~感想☆
おっ久しぶりです~。
石田です~。
元気にやっています。
だいぶブログ放置してしまいました~(^^;

「茶の和ロール」も進んでおります!
前回ブログに記事を上げてから、いろいろな道を歩み←
またたくさんのご協力を得て、だいぶカタチが変わりました。
「茶の和ロール」に関する記事も近いうちに書きたいと思っています(^^)

さて、本題です!
昨日、名古屋で開催された「フューチャーセッション~対話の力 コミュニティの未来~」に参加してきました!

私は静岡県立大学国保ゼミのフューチャーセンターでどんな活動が行われているのか?
フューチャーセンターから生まれた「茶の和ロール」の事例をお話させていただきました!


静岡県立大学 学生主体のフューチャーセンターの魅力・・・

とにかく「たのしさ^^」は伝えられたと思っています!!

2部ではワークショップを行い、
さまざまな方とお話できて楽しかったです!

外に出ていく楽しさを知ってしまう1週間でしたww

また、自分の活動を振り返るよい機会を与えていただけたと思います。



今回紹介させていただいた内容をちょこっと。


経営情報学部×食品栄養科学部の学部間コラボ
フューチャーセンターがあったから
結成~継続が可能だったと思います。


うまくいっているように思える「茶の和ロール」ですが、
壁にぶつかったこともあります。
小さな壁はいくつもあったと思いますが、
1番のピンチは、パッケージ決定の過程です。

・案がいくつも出た。が、選べない、迷う。絞る基準がわからない(T_T)
・コスト制限。「こんなパッケージにしたい!でもコスト的に無理だよね。」(T_T)
・ここまで商品ができているんだから早く販売したいのにすすまない。(T_T)
・たのしくない。つまらない。(T_T)


では、どうやってこの壁を乗り越えたのか??
フューチャーセンター威力発揮です。

・「生産者目線になっているよ。(プロダクトアウト)」
・「優選すべきことはなんなの?」
・「1番伝えたいメッセージは?」
・「誰に伝えたいの?」
・「パッケージは自分の想いを伝える最高のツールでしょ」
・「決められたコスト内で最高のモノを創り出せばいいだけじゃん」


ごもっとも。
フューチャーセンターでみなさんに意見をいただいて
「よっし!これからやるべきことが見えてきたぞ!」
と思い、またわくわくが復活したのでした((o(^^)o))


フューチャーセンターの良さって1番は「気づき」があることだと思っています。

のめり込むほど、客観性やロジックを失ってしまうので
それを忘れていたことに気づきます。

もともと何がやりたかったのか?本当にやる必要があるのか?など
本質に戻ることができます。

実現するために自分が次に取るべき行動に気づきます。

それによってモチベーションが上がるのです!!



以上のような内容をお話させていただきました!

国保ゼミのFCの概要や大学生FCの利点、FCの可能性については国保先生にお任せしました!(^^)



実は、ここで行うプレゼンに関してもフューチャーセンターを活用(^^)♪
(ヒアリング&リハーサル)

おかげさまで、

「苦労した部分、すごく共感したよ~。クリエイティブなプロセスの次が大変だよね~。」

「とても楽しそうだね!そんな大学生活うらやましい!」

という意見をいただくことができましたー!!

ありがとうございましたー!!

自分たちのフューチャーセンターを振り返って、
改めて有難さを感じることができました。

継続していきましょう!!!!!

今後とも静岡県立大学 国保ゼミ フューチャーセンターをよろしくお願い致します!!


石田
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ゆきこです。
初めまして。

石田裕紀子です。

静岡県立大学
経営情報学部3年生です。

よろしくお願いします。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ゆきこの毎日~毎日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。