kiroku
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「茶の和」 販売イベントを終えて
FacebookのKOKULABOへの投稿。
とても素直に書けたのでこちらにも。


******************************************

【茶の和】
みなさん、おはようございます。
3月15日~17日の3日間、しずおかマルシェ上り店にて
茶の和ガールズ4人は売り子をやらせていただきました。

1日50個ずつを目標にしていましたが、ガールズ計算では、77個、45個、55個、合計177個お買い上げいただくことができました。ちなみに完売です!(^^)/
177個の「茶の和」が、それぞれのおうちでほっとするひとときをもたらしてくれていることを想像すると、嬉しくてたまらないです。

さて、売り子をやらせてもらって、茶の和ガールズでプロジェクトの振り返りを行いました。
素人売り子で、反省点は多いですが、細々とした部分はここでは省略しますね。

売り子をやったこの3日間は、
「茶の和をつくった意味の確認の場」でありました。

「どんなお客さんに買ってほしいか、求められているか」
今まで何度も頭の中で描いていきました。
今回売り場に立たせてもらって、たくさんのお客さんとお話することができました。
お客さんがどういうポイントで商品を選んでいるのかということや、ぞれぞれ響くポイントが違うことなど、いろいろなことを感じ取ることができました。

そして、一番の収穫。
「伝えなきゃ意味がない」
ということです。

私たちは2年間かけて「茶の和」つくりました。
その間いろんな場面で、本当に多くの人の力を借りました。
みんなで創りあげた「茶の和」をただの製品で終わらせるわけにはいかないのです。
そのことを考えていなかったわけではありませんが、売り子を経験することにより、実感として「つくった責任」というものを背負うことができたように思います。
「つくりました~、後はよろしくお願いします~」という無責任なプロジェクトで終わらなくて本当によかったです。

「茶の和」が自信を持って勧められる商品に出来上がったこと。
しずおかマルシェの売り場に立つことができたこと。

これらの実現にはたくさんの協力が必要でした。
くじけそうなとき、私たちには応援してくれる人がいました。
卒業前にやり遂げることができたことを本当に嬉しく思っています。
心から皆さまに感謝申し上げます。
ありがとうございました。

以上に書かせていただいたことは茶の和ガールズ4人の想いです。

プロジェクト立ちあげ当初の4人でやりきれて、私はほんとにほんとに嬉しいのです。

茶の和ガールズ大好き!
セティボン大好き!
KOKULABO大好き!

ありがとうございました。石田よりご報告でした。

これからも「茶の和」が愛されますように・・・
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<そろそろ考える時間を・・・ | ゆきこの毎日~毎日 | おシゴト塾 vol.11>>
この記事のコメント:
top↑
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
top↑
| ゆきこの毎日~毎日 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。